洋服の修理・お直し実績

2017年2月

ジーンズリペアと消臭クリーニング

2017年02月28日

before

before

after

after

ヘビーオンスのジーンズ修理を承りました

膝の穴 ポケット口の擦り切れ バックポケット下のすりきれを補修させていただきました
やりがい度満点です

お直しKではジーンズの当て布はしなやかな生地をしようして履き心地にこだわっています
こちらの膝の穴は一見穴の部分のみの補修に見えますが、実はその周辺も細かくミシンでたたいて
生地を補強しています
ジーンズの膝穴

ジーパンリペア

基本的に横糸は切ることはなく、大事に使います
その上で足りない分はしろも糸で横糸を足しています
分厚い当て布は場合によっては使用する場合もありますが
基本的には横糸はしろもで作る方向で修理しています

擦り切れ
バックポケット下の擦り切れは一度ポケットを外させていただき、周辺もミシンで補強いたします
ジーンズお尻の穴
穴を補修したあとこのようにできるだけ近い色の糸でポケットをステッチし直します

今回のジーンズ、臭いが気になるとのことで、クリーニングを一緒にご依頼いただきました
できるだけ洗いたくないジーンズ
僕のジーンズも洗うのは年に5、6回くらいだと思います

でもジーンズは洗わないと糸も弱ってくるし、臭いも気になります
ただ、水で洗うのは怖いですよね

お直しKの受付は茨城県土浦市のかざまクリーニングです
ジーンズのクリーニングはまずはドライクリーニングです
縮みなく、油脂などの汚れをしっかり取るにはこれが一番だと思っています

次にプロのジーンズ水洗い
防縮剤、色止め剤を配合して、短時間で汚れを溶解してくれる洗剤で手洗いします

でもやはり少しは色が流れます

これで油性の汚れ、水溶性の汚れどちらも落とす事ができてすっきりします
ジーンズの糸にも張りが出ます

洗わないとジーンズ全体が黄ばみがかってきますから、そうなると漂白が必要に
でもジーンズは漂白なんてしたくないですもんね

大切なジーパンは汚れや臭いが気になったらクリーニングすることは
個人的にジーンズ好きな僕としておすすめします

もちろん水洗い前にはウエスト、わたり、裾幅、股下の4箇所を採寸し
洗浄後にも採寸しています
少し丈が縮んだなぁと思ったらアイロンで戻しています
丈は履いていても戻りませんから

ウエストやわたりに関してはやはり糸が締まる分最初はちょっときつく感じるかもしれませんが
履いているうちにまた自分の形になっていいます
履いているうちに自分の形になっていくのもまたジーンズの良いところですよね

ジーパンの擦り切れや穴などジーンズリペアのご相談もまた店頭にて増えてきております
一度ご来店いただいた方にまた来ていただけるとほっとします

ジーンズ修理は僕なりに色々と研究し、他店さんからヒントをいただいたりもして、笑
お直しKのジーンズリペアはこうだ!ってものが出来上がってきました

今後も少しづつ変わっていくとは思いますが
今後ともどうぞよろしくお願いします

シュガーケーンのジーンズ内股の破れ修理

2017年02月24日

before

before

after

after

シュガーケーンのジーンズのフロントの股部分に大きな穴が・・
横糸を作り色落ち具合に合った色の糸でミシン修理させていただきました

股下をいったんほどかせていただき穴ふさぎ修理後元のようにステッチし直しました

最近当て布になる接着芯にこだわっており、色々と新しい接着芯を試しています
もっとしなやかで強度がある接着芯はないかと・・

洗濯後にぶくつきも少なくなるようなもの

場合によっては接着芯でなくてもよいのかも・・
と色々研究中です

お直しKのジーンズ修理もちょっとづつ変わっていきます

ジーンズ修理、けっこうはまる人も多いみたいですね
自分で家庭用のミシンで修理されるかたもいらっしゃるようで

工業用ミシンとの違い、それは縫う力もそうですけど
直線を色落ちに沿ってまっすぐ縫うという点においてはスピードが速い工業用ミシンのほうが得意

やっぱり小さな穴でもちょっと大きめに補修しておかないと修理した部分に負担がかかりすぎるみたいです
なのでジーンズの修理はお店に持っていってしまったほうが早いですし時間を人件費と考えるとお金もかかりませんよ、笑

本家かざまクリーニングでは染み抜き、靴ブーツ、ファスナー修理、ジーンズなど色々な修理をっせていただいていますが
このジーンズ修理もこれからお直しKとしてファスナー交換修理と同じくらい充実させていきたいサービスです

なのでこれからももっときれいに、を意識して研究していきますのでよろしくお願いします

これからもここ茨城県でほのぼのと頑張ってきます

ランドセルの金具を修理させていただきました

2017年02月21日

before

before

after

after

ランドセルの底の金具がとれてしまったので修理させていただきました
同じ長さのカシメが見つからなかったのでちょっと工夫して丈夫にリペアさせていただきました

デニムのボタンやバッグのカシメ、財布の金具やファスナーなど
あまり大量には在庫できませんができる限り幅広く取り揃えてリペアに対応させていただいています

お直しKではできる限り元のディティールにこだわった修理を目指していますが
どうしてもオリジナル風に対応できない場合には
なんとか壊れた部分の機能だけでも復活させられるように修理を試みています
ただ、どうしても直らない場合にはごめんなさい
努力はいたしますので、ぜひご相談くださいね

あと、たまにお問い合わせいただくのですが、ソファーなどの家具の修理もできますか?
という事なのですが、現在当店では家具の修理は対応できておりません
店舗が狭いゆえにお預かりが困難なためご了承下さい

もう2月も後半ですね、冬物の衣類を楽しめるのもあとわずか
僕も少しづつ春物のアウターの準備
衣替えの準備です
お直しや修理は早めにお持ちくださいね
特に春先は非常に混み合います
3月前半までにご依頼いただけるとスムーズにお渡しできるかと思います

冬物はまだクリーニングは早いですかね
まずは春物を引っ張り出して汚れやファスナーの不具合、破れやほつれなどをチェックしておきましょうか
サイズもチェック
去年着られた衣類が今年は着られなくなってしまっていたり・・
できればサイズ直しは避けたいところ

なのでウォーキングやジムなどへ行ってまずは自分のメンテナンスで対応したいですね
ジムもなかなか行けないから会員になってもなぁ~って方
茨城県の方におすすめなのがつくば市にあるウエルネスパーク
2017年2月現在は1回700円でジムもプールも大きなお風呂もサウナも使い放題です
僕的に穴場なのであまりおすすめしたくなかったんですが
でも決まって毎週行けないような方にはおすすめですよ

ブランドダウンジャンパーのファスナー修理

2017年02月20日

before

before

after

after

ダウンジャンパーのファスナーの取っ手(引き手)が外れてしまいました
スライダー自体が壊れてしまっているので新しいスライダーを入れなければなりません

今回のファスナーはririファスナーというのスイスの高級ファスナーですので
ファスナー代が少し高くなります

でもファスナーを全交換するよりは安価に修理することができます
ダウンジャンパーのファスナートラブルは様々

引き手がとれてしまった
閉めても開いてしまうなどなど・・

でもテープ部分やレールのムシ(金属部分)に損傷がある場合は
ファスナー交換になります

お直しKではたくさんのファスナーを取り揃えています
また在庫にないものは2週間前後で取り寄せる事ができますので
ファスナーの色や持ち手の色などこだわりがある方は少しお時間に余裕を持って
ご相談いただけるとよいかと思います

この春の衣替えで不具合のあるダウンジャンパーのファスナー
その他アウターのファスナー、ジーンズのファスナーなど
そのままクリーニングしてしまってしまわないで

この機会に一度ご相談いただきしっかり修理メンテナンスしておけばまた秋口にスムーズに着用することができます

特に年末はファスナー修理交換のご依頼で込み合いますので、納期が翌年になってしまう場合もあります

壊れてしまったファスナーはぜひ今のうちに修理のご相談を!

ダウンジャンパーの袖丈をつめるお直し

2017年02月19日

before

before

after

after

ダウンジャンパーの袖を8センチつめるお直しをさせていただきました

ダウンの袖は長いと寒い時に手が隠れて暖かいですが
腕がもたついてしまうと着膨れしたように見えてしまいます

今回は思い切って8cm袖丈つめ
すっきりしました

洋服はサイズで買う
これは基本ですが、そもそも市販のパターンは自分用ではないので合わなくて当然
体型も人によって特徴があります

ちなみに僕だと、なで肩で背が小さくて腕が長い
そして左足が若干短い
靴のかかとも左右の減りが違います
そして肩が凝ります、笑

でもそんな僕に合った服をメーカーさんが大量生産したところで売れません・・
なので本当に合った服を着るにはオーダーメイドもしくは自分で服を作る
でもそれもなかなか時間を取れない方、たくさんの洋服を楽しみたい方には不向き

一番手っ取り早いのは自分の体を良く知っておいて、それに合ったブランドを見つけておくことが
いいんじゃないかなぁって思います

単一のブランドにこだわらなくても、セレクトショップさんなんかだとお店によって特徴がありますから
自分に合ったセレクトショップを見つけておくと、けっこう他のアイテムも自分に合っていたりしますし
合わせるのも楽ですね

僕は全然おしゃれじゃないですけど、おしゃれは大好きです
特にブランドにもこだわっていないのですが
でも色々と着ているうちに結局自分に合ったブランドが決まってきちゃいますね

ダウンジャンパーも僕は実は持っていなくて、ダウンベストを2着
背が低いのがちょっとコンプレックスなのであんまり着膨れしないように考えた挙句
ちょっと寒いのを我慢してダウンベストにしています

服のこと考えるとやっぱり楽しいですよね
ファッションは自己満足と言いながら結局人に見られることも意識している、笑
矛盾ですが何か?笑

壊れた靴のファスナーの修理

2017年02月16日

before

before

after

after

靴のファスナーの引き手が飛んでしまっています
スライダーが壊れてしまったみたいですね

靴のファスナー修理は作りによってはちょっと大変
今回ファスナーの内側に砂よけ?が付いていたのでちょっと苦戦しましたが
またちゃんと使えるようになって一件落着

靴のファスナーってほんと壊れやすいです
たまに金属ファスナーがついているものもありますけど、靴やブーツのように常に変形したり
圧がかかる部分は金属よりも樹脂製のコイルファスナーのほうがいいですね

靴やブーツに限らず、ダウンジャンパーやジーパンのファスナーなど
不具合があって調子が悪いと思ったらぜひ一度ご相談くださいね

 

革ジャンのダブルオープンファスナー修理

2017年02月15日

before

before

after

after

革ジャンのダブルオープンファスナーがずれてしまい引きあがらないというご相談
そして引き上げても開いてしまう

スライダーを外して見てみると
スライダーの修理
スライダーがつぶれています
おそらく頑張ってご自分で修理してだましだまし使っていらっしゃったことと思います
本当にこの服が気に入っているんだなぁということが分かりました

革ジャンのファスナー交換料金はそこそこしますから
今はやりのまとめサイトなんかで修理方法を見かけてご自分で修理される方もけっこう多いです
でも、最終的には必ず交換しなければいけない時が来ます

今回はスライダーがつぶれていた事でスライダー自体の修理は不可能
なのでポケットから持ってくることにしました

ただ上下開きの下のスライダーというのは特殊で
下専用のものでないと上からは開け閉めできても下からは開かないということも多く
今回ポケットから持ってきたスライダーそのままでは下から開かない

なので普段はあまりやらないのですが蝶棒部分を当店独自の方法で修理し
なんとか開閉できるようになりました

こういった修理には多少リスクが必要になります
それでもいいからとリスクを共有してくだされる方であれば僕も頑張ります

ディティールをできるだけ壊したくないという方はまずはお気軽にご相談くださいね

茨城県でカバーオールの裾のすりきれ補修お直し

2017年02月15日

before

before

after

after

デニムのカバーオールの裾がすり切れて垂れ下がってしまっていました

裾のアタリや不自然な継ぎ目にならないように補強しステッチし直しました。

デニムジーンズ
茨城県でスラックスズボンやデニムジーンズの擦り切れ、穴、ファスナー修理を専門に店舗営業して参りましたが
ここ最近ジーンズリペア、ファスナー交換や修理のご依頼を宅配で発送していただくことが多くなって参りましたので
一つお願い申し上げます

お送りいただく際の袋はご返送不要な袋でお送りくださいますようお願いいたします
ブランドの袋、大切な箱などでお送りいただいたとしても当店でお客様ごとに管理するのがなかなか難しいです
また返送料の都合もございます
どうぞその点ご注意いただきお送りいただけるとありがたく思います

ちなみに当店はすり切れやファスナー交換修理専門のお直し屋です
たまにスラックスのズボンの擦り切れも修理できますか?って言われる事があるんですが
スラックスもジーンズも修理できますのでご安心下さい

ただジャケットの擦り切れ 穴 破れなどは補修しても目立ちますので
高級品はかけはぎをおすすめいたします
リーズナブルにとりあず穴が塞がればいいという場合には
ジャケットもリーズナブルな補修をご提案させていただきます

ということで、お直しKはこれからも洋服が大好きなお客様のために
技術の向上に努めて参ります

いつもお越しいただいている土浦市、つくば市近隣のお客様
また遠方よりお越しいただき、ご発送いただき誠にありがとうございます

ジージャンのタックボタンが取れそう・・補強しましょうそうしましょう

2017年02月12日

before

before

after

after

茨城県の店舗にお持込いただいたお品物です

リーバイスのジージャンのボタンが付いている箇所が破れ、タックボタンが取れそうになってしまいました

ボタンは一応変わってしまう可能性がありますが、お色とサイズは合わせますということでお受けさせていただきましたが
なんとかきれいに取り外す事に成功したのでオリジナルをそのまま取り付けることができました

破れたところは一度しっかりとミシンで補修してからボタンを取り付けました

タックボタンは色々と種類もあり現在全てを在庫するのは難しいですが、ご依頼のたびに取り揃えていますので
少しづつ増えています
ご相談下さい

茨城県でジーンズ修理といったらお直しKというイメージが浸透するまで今日も頑張って参ります!


 

シュガーケーンのジーンズ穴修理

2017年02月12日

before

before

after

after

ご縁があって埼玉県の方よりお送りいただいたジーンズ
今回は埼玉県の知り合いのご紹介でお仕事いただきました

シュガーケーンのジーンズ、お尻の薄くなった部分の補強修理と
ポケットの穴、ポケット口の修理をさせていただきました

リベットは今回再利用することができました
まずは再利用する方向で頑張りますが、再利用できない場合はごめんなさい・・

ジーンズ修理
ステッチもけっこう色が揃ってきたので今回も近似色にてステッチ
今回あまり固くならないように穴のところはリペアが目立っても完全に埋め尽くすほどのミシン刺しは避けました

まだまだこれから勉強しないといけない事もございますが
大切なジーンズ 丁寧に頑張って修理させていただきますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします

到着までお楽しみにお待ち下さいませ!
ジーンズリペア

リーバイス503ジーンズ膝穴の修理

2017年02月11日

before

before

after

after

リーバイス503の膝の穴を修理いたしました

膝穴の当て布には柔らかくて強度がある素材を使用しています
一番人気の普通リペアです

ジーンズの破れはぜひご相談下さい
現在最低1週間はお預かりになりますがよろしくお願いいたします

複雑な修理はもう少しかかりますのでご相談下さい

土浦の協同病院がとうとう壊されるって
昨日流山の友人から聞いて初めて知りました
今度壊しに行くから飯食いに寄るよ~って
うちは飯屋じゃないから、笑

同じ日に生まれた兄弟みたいなのが
ちょっと帰って来るってのは嬉しいようなめんどくさいような、笑

バンド組んでも毎回朝から酒入っててバンドになんねぇ~
ていう思い出が蘇るから、笑

まぁでも奴に会っていると違う人生を歩んでる俺を見てるよう
北海道から原チャで帰ってくるようなところは俺と寸分違わないし

でも優しいんだよなぁ~バカだけど
そこが俺と違うところ

熱いんだよなぁ~バカだけど

ダウンジャンパーのファスナー修理

2017年02月10日

before

before

after

after

ダウンのジッパー、良くある上のスライダーが飛んでしまったというご相談でお送りいただきました

で、このファスナー、YKKさんで言うとビスロンファスナー8番っていう種類なんですが
メーカーによってレールの大きさがまちまち
特にモンクレールさんのファスナーは微妙にツメをずらして作ってあったりします

今回は見た瞬間、あ、これか~ということで
当店在庫にあったものを入れ込む修理をさせていただきました。

ファスナー先端の差し込み具合を何度も確認
上下の開き具合、ファスナーの滑り具合をチェックし作業完了

なんとかお送りすることができました

ファスナーの修理交換のご相談はまずはお電話やメールなどいただけると
対応できそうかどうかの判断があらかたつきます

修理はやってみないと分からない部分があるのですが
修理できる可能性が少しでもあれば職人魂でお受けしています

ただ、お話を聞いた時点でどうしてもダメなものもあります
中にはファスナー自体交換してしまったほうが良いもの
ファスナー交換費用が高額になってしまうもの
ファスナー交換できないものなど

ほんとうに衣類によって様々です

なので、まずは一度ご相談くださいね!

モンクレールのファスナーは正規店へ、それでもダメなら

2017年02月10日

before

before

after

after

モンクレールダウンのファスナー修理
引き手部分が取れてしまったということでお送りいただきました

事前にリスクを承諾いただいた上での修理になりました
お客様にリスクを了承していただいた以上あとは僕が頑張るだけです

お客様の承諾のかいがあって今回は引き手のみ移植手術成功
全てのファスナーが修理できるわけではなくやはりファスナーは修理してみないと分からない
本当にたくさんのファスナーメーカーさんがあり、それぞれ特徴が違いますから

モンクレールダウンはお問い合わせが本当に多いのですが
まずは正規メーカーさんへ修理交換依頼することをお勧めしています

なぜなら正規店以外で修理した場合に、その時点で正規品とみなされなくなる可能性があるからです
だから高級ブランド品はできるだけ正規店での交換修理をおすすめしています

でも、なんらかの理由で正規店のサービスが受けられなかったり、納期が問題だったりする場合には
ご相談いただければお客様のご要望にできるだけ沿った形で修理、または交換させていただきます

ファスナーの不具合、修理交換、まずはメールお電話でご相談下さいませ

海外YKKファスナー?

2017年02月10日

before

before

after

after

東京都からお送りいただいたお品物
ダブルファスナーなのに上のスライダー(持つところ)が1個ない

レールには損傷ないしどこから取れたの?
きっとスライダーがバラバラに壊れてしまったんでしょう

でもそれは不幸中の幸い
レールに損傷が無ければファスナー自体の交換はしなくても大丈夫かも

ということで在庫のスライダーをはめ込む修理を試みるも
入らない

海外YKK 微妙にサイズが大きいです
スライダーの形もファスナーメーカーによって様々
レールが通る穴が大きかったり、小さかったり
縦に横に大きかったりと・・

特にダブルファスナーの下のスライダーはYKKでも
専用のスライダーを推奨しているくらいですから、修理して上からは開いても
下からは開かない

だから当店独自の特別な修理を施す場合もまれにあります
※リスクもあるのでそれをご理解いただける場合のみちょっと突っ込んだ修理もしています

とまぁ色々ファスナーも奥が深いのです

今回もなんとか直ってほっとしました。

当店を頼って送って下さるお客様のためにも
毎回脳みそと知識と経験をフル回転させて修理に望みます

が、ダメだったときは本当にごめんなさい・・

ジーパンに穴があいたら修理しよう

2017年02月09日

before

before

after

after

ジーパンに穴があいたら修理しよう!
ってことで今回もジーンズの股に小さくあいてしまった穴をミシンで刺して直しました

ジーンズの股の穴は一番できやすい穴
とにかく擦れる部分だから穴があく

穴があいてしまったらそこからは生地がどんどん擦れてなくなっていきます
ジーパンの股の穴はそうなる前のほうがきれいに直ります

今日茨城は朝から雨の予報になっているけど大丈夫だろうか?
朝のうち友人の車の塗装手伝う事になっていて
雨が降るまえにやっちゃおうって・・
よく考えたら塗装してから雨降ったらまずいよね~

サーフェイサー吹き付けるところまでは前回やってあるから
今日は研磨だけして終わりにしよう、寒いし、仕事あるし・・

 

 

 

501XXジーパン股穴擦り切れ修理

2017年02月07日

before

before

after

after

ジーパン修理 501XXの股穴の擦り切れお直しです

僕もけっこうジーパンはパツパツで履く方なので
股の下の擦り切れはどうしても起こります

穴が小さいうちの方がきれいに直りますのでメンテナンスを面倒がらずに
修理に出して下さいね

僕のもそうですがインサイドのシームを縫い合わせているステッチも
当然ほつれてきます

今回こちらは簡単にミシンでたたいて補強しておきました
あくまで補強なので、次にすり切れた時に解きやすいように軽めにミシン刺ししておきました

もっと穴やすり切れがひどくなると、一度インサイドシームを解いてからしっかり生地を補修して
ステッチで縫い合わせるという方法になります

基本的に股の穴はシームなどを解かずに修理できますが
広範囲の膝の穴や、細身のシルエットの場合アウトシームを解く場合があります

ジーパンのインサイドシームは基本的にはロックミシンがしてあって折り伏せ縫いで
チェーンステッチになっていますのでほどく事はめったにありません

擦り切れがシームまで達している場合にはやむなく解いてから修理する場合がありますが
その際のステッチはチェーンステッチで、というわけにはいきません

僕的にはそこまでするメリットが感じられないためと
チェーンは伸びに強いわりに擦り切れたらすぐに解けやすいからです

裾ならばチェーンステッチしても、丈が合っていればそうそう擦り切れることはありませんが
股はいずれ必ずまた修理する日が来ますから、ここは通常のステッチで良いと考えています

茨城県で擦り切れのジーンズリペアと言ったら少しは名が通るような職人を目指して
楽しみながらジーンズと向き合っていきたいと思います

当店には色々なミシンが8台ありますが、最近愛機のミシンが定着してきて
1台でほぼ色々なものをこなすようになってきました

バッグもジーンズも革ジャンも、愛機の1台メインで稼動しています

上下送りの平台ミシンやかんぬきミシンなんかも揃えようと思っていた時もあったんですが
今となっては入れなくてよかったかなぁと

かんぬき専用のアタッチメントなんかも出てきていますし、なにしろ場所にもお金がかかりますから・・
最低限クラッチモーターからサーボモーターに変えてもらっておいたことは大正解でした

愛機のミシンは中古ですが、きちんとメンテナンスしてもらったものなので
この先きっと僕が死ぬまで働いてくれる事でしょう
そもそも工業用ミシンはそんなふうに作られていますから

この茨城でジーパン専用に工業用ミシンを新品で買ってしまったら
絶対元が取れません・・
取れたとしても何年かかるやら・・僕の腕次第っていう、笑
そこは一人でも経営者、笑

これからジーパン修理など始められる方はまずは中古のミシン屋さんに相談するといいと思います
ほんと、中古といえどしっかりメンテナンスされたミシンは何十年前のものでもほぼ新品と変わりませんから
それはミシン屋さんも言っています

ほんと地方で生きていくためにはこういう業界では流れない情報が必要だと感じています
世の中自分にとって本当に良いことはなかなか言ってくれませんから
そういう情報はやっぱり自分の足と耳でたくさん仕入れて自分で分析して判断して
小さい失敗ならたくさんして、致命的な失敗は避けて・・

ジーパンの擦り切れ修理といえど、それなりに色々な意味で奥が深い

ちなみに致命的な失敗をしても大丈夫なんですけどね
でも致命的な失敗をするなら人生で早いうちの方がいい
致命的になる可能性があるリスクをとっていいのは若いうちだけなのかもしれませんね~

茨城県でジーパンのチェーンステッチ

2017年02月07日

before

before

after

after

ストロングホールドジーパンの丈詰め修理
チェーンステッチで丈詰めしました

実はこのチェーンステッチミシン、高価な割りに需要がそこそこで導入も迷ったんですよね
でも1年前に思い切って導入しました
僕自身ジーンズファンなので仕方ないです、笑

今まではつくば市の方が多かったのが、最近では水戸市やひたちなか市、石岡市のほうからもご来店いただくようになり
皆さんチェーンステッチで丈詰めしてほしい、と・・
そこそこ活躍してくれているのでまぁ良かったかなぁと
なんせ自分のジーパンの裾がほつれた時にチェーンステッチでまた縫いなおせるし

お直しKでのジーンズ丈詰めは基本的に20番糸です(30番よりやや太め)
そして糸の色は今のところ下の写真くらいかなぁ
チェーンステッチ
お客様から丈詰めのご依頼をお受けするたびに糸の数を増やしてきたので
今ではそこそこ対応できると思います

近い色がない場合は発注しますので、少しお時間下さい

L-2Bジャンパーのファスナーが閉めても開いてしまう

2017年02月03日

before

before

after

after

L2Bファスナーのファスナーが閉めても開いてしまう症状
スライダー交換修理をし、持ち手はオリジナルを移植させていただきました

今回はアンティークシルバーのスライダーで交換することができました

ファスナーの大きさや種類によっては持ち手を残せない場合もありますが
今のところほとんどが引き手残しで交換できていますので

特殊な場合は料金は別途になりますが、まずは一度ご相談くださいね

場合によってはファスナー全交換した方が良い場合もありますし、どうしてもファスナー交換ではなく
修でなんとかしたい、というお客様もいらっしゃいます

お客様のご要望にできるだけお応えできるよう対応させていただきます

革ジャンのポケットのほつれ直し

2017年02月02日

before

before

after

after

B3革ジャンのポケットのほつれを縫い直しました
こういった簡単なお直しもお気軽にご相談下さい

ポケットやジーンズのクロッチ部分はよく閂(バータック)になっていたりします
だからあるていど力がかかってもほつれません
でも、力がかかりすぎると破れます・・

一方で鋼鉄製の機械なんかは一部だけあえて遊びとか逃がしがあったりします
大きな力が加わった時に一部だけわざと壊れるようにして本体を守る仕組みです

なんでも同じじゃないんだぁと

でもコンピューターのプログラマーさんで言ったら401ページを作っておくとかそういったことなんでしょうか?
詳しくないのですみません(汗
でもどんなに複雑な事もボタン一つでできるようにしてしまう能力には脱帽です

将来洋服のお直しも染み抜きもボタン一つでできるようになってしまうんでしょうか?
繊維を修復する液体なんかも開発されたようですし

いつかコンピューターに雇われる日も来るんでしょうかね~
いや、もうそうなっているのかも
今のうちに人工知能さんに媚を売っておいたほうがいいかも?笑

引き手を残してファスナー交換

2017年02月01日

before

before

after

after

両開きファスナー(逆開オープン)の持ち手(引き手)の形状が気に入っているので
それを残したままファスナー交換したいというご希望でした

なんとか引き手をのこした形で修理する事ができました

今回もそうですが

両開きファスナーのトラブルは多いですが
下が開く事でその服のシルエットが保てるという部分では魅力的な僕も大好きなファスナータイプです

テープ部分が切れてしまったら基本的には交換するしかないのですが
それでももう少し、この冬だけは使いたいという方はファスナーの開閉時にちょっと注意してみて下さい
蝶棒の布が切れた
上の写真は差し込み部分の布がボロボロになっています
こうなってしまうと開閉しずらくなってきます
ファスナートラブル

で、結局こんなふうに左右がずれたりしちゃうんです
ファスナー開閉
両開き(ダブル)ファスナーの場合、右側の差し込みが完全に入っていないのに上のスライダーを引き上げてしまったために起こる場合が多いです
なのでしっかり下まで差し込んで、スライダーを引き上げるときには親指でしっかり一番下の状態に固定したまま右手で上のスライダーを引き上げます

差し込み部分の布が破れてしまっている場合はなかなか下まで差し込むのが難しいです
でも無理に差し込もうとすると余計にテープ(布)部分が裂けてきます

なので差し込む時には差し込み部分の上のほうのレールを持って避けた部分の負担がかからないように差し込みます
チャック
そして上のスライダーを引き上げるときもポイント
下のスライダーが動かないようにしっかり一番下に固定しながら上のスライダーを上げます
一緒に下のスライダーが上にきてしまったら失敗です

とにかく「固定する」がキーワードです
とにかくこの冬だけ!という応急処置です

あたたかくなったらクリーニングと一緒にファスナー交換しておきましょう
ファスナー交換は時期になるとお店によっては2ヶ月待ちになったりするところもありますから
計画的にクリーニングと一緒にすませておければ2度手間なしですね

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@でお問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
宅配3000円から、6000円以上で返送料無料
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@で
お問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

洋服の擦り切れ、穴、
ファスナー修理「お直しK」

洋服の救急院が運営

洋服の救急院

029-828-5048

平日:10:00~18:30
定休日:水・木・日・祝日

お問い合わせ
宅配で依頼
Page Top