洋服の修理・お直し実績

2017年3月

革ジャンにワッペンを縫い付けるの巻

2017年03月07日

before

before

after

after

革ジャンにワッペンを縫い付けたいとのことでお持ちいただきました

腕と胸の部分は裏地ごと縫い付けてしまって問題なさそうだったので
低料金で収まりました

背中の大きなワッペンは着用したときに引きつったりするとおかしくなってしまうので
裏地を一部解いてから縫い付けました
皮ジャン

革ジャンは破れたり擦り切れたりしている場合にはできるだけミシンは入れないほうが良いです
ミシン修理した部分からまた破れてしまう可能性があります

お直しKでの革ジャンの擦り切れには基本的に薄く漉いた革を当てて接着する方法でお直ししています
場合によってはパーツを作りなおす場合もあります

すりきれの中では袖口の擦り切れのご相談がやはり一番多いです
少しの擦り切れならば接着で修理してしまいます

接着といってもアロンアルファやボンドではなくて・・汗
柔軟性と耐久性を兼ね備えたボンドを使用していますのでご安心下さい

茨城県では日中10度を超える日が続くようになりました

なのでそろそろ僕もランニング、ならぬウォーキングを始めようと今朝からランニングウェアに着替えて
家を出ましたが・・

寒い・・

まだもう少しダウンジャンパーや革ジャンも必要ですね
でも春はもうすぐそこまで来ています

春までに体型を整えて、夏にはプールに海に川
行けるでしょうか?

あ、でもでも何よりも今のペースでは時間が~
ファスナーの修理やらジーンズのウエスト直しやら、裏地の取替えやら・・
けっこう時間がかかるものが増え続けています

ヤバい・・

のでしばらくは朝のウォーキングだけを日課に追加して
ジムでのプールも大好きな銭湯もお預けします(泣

皆さんも素敵な春をお迎え下さいませ~

ジーンズの膝の穴の横糸を残してミシン修理

2017年03月04日

before

before

after

after

ジーンズの膝の穴は放っておくとどんどん広がって横にぱっくりってことにいずれはなるんです

このジーンズの膝の穴、通常のリペアでミシン修理するのもありですが
今回お客様のご要望で横糸を足して、それを残したままミシン修理することにしました。

通常のリペアより穴部分の強度はなくなりますが
周辺も色落ちに合わせた色の糸で補修しているので通常に履いて洗濯していただけるレベルにはなっています

アップでこんな感じです
横糸残し
横糸は贅沢に足してあります
ジーンズって擦り切れていく時にまず縦糸が切れていくんですよね
そして横糸が残る
この状態でいつまでもいつまでも維持してくれればいいんですけど
そうもいかずいつか横糸も切れてしまうんですよね

通常のリペアと横糸残しのリペア
お客様によってどちらがいいかは様々ですが
基本的には強度を意識した通常のリペアをおすすめはさせていただいています

でもこれもありですよね

ジーンズの膝の穴を修理する時は基本的にサイドのシームはほどかないんですが、穴が広い場合はほどいて修理させていただきます
その方がきれいに修理できるので、サイドはほどいてもきちんと縫い合わせれば
通常ほとんど分かりません

ジーンズの横糸は当店ではしろも糸を使用しています
しろも糸って?

しつけ糸です
洋裁で本番の縫いをする前にあらかじめ手縫いで仮縫いするための糸です
この糸がジーンズの横糸を修理するには一番いいかなぁと思っています
太さも、色は少し明るくなりますが、履いているうちにちょっと汚れてなじみますから

当店のジーンズリペアは別生地当てやステッチ入れやデザインリペアなどは行っておりません
ジーンズリペア、これはこれで奥が深い
オリジナリティーとなるとちょっと自身はありません(汗

だからお直しKでは
あくまで擦り切れや穴をそのままの状態で修理することを追求しています

通常のリペア
横糸残し
穴消し修理

主にこの3種類のリペア方法で修理させていただいています

もちろんお客様のほうからお写真や画像をお持ちいただいての
こんな風にして、っていうのはありかなぁと思ってさせていただいています

でも、お任せでデザインをってなるとごめんなさい

今日はジーンズの膝の穴を横糸残しでミシン修理できますよっていうご案内でした




ジーンズバックポケットの穴修理

2017年03月03日

before

before

after

after

リーバイス507のバックポケットの穴とポケット口の擦り切れを補修させていただきました

バックポケットをいったんほどいて穴を修理してからポケットを縫い付けます
ジーパンの穴
もともとのジーンズの色
きれいな藍色ですね
これが履きこんでいくうちに自分の体に合ったひげや色落ちが形成されていくのですから
これはまさに完全オリジナルなアート
先日ジーンズの染め直しについてお問い合わせいただきました
藍染はまだ本当に趣味として興味を持ち始めた程度ですので・・

僕も藍染には興味があったのですが
やはり藍染めの液は高価なもので、特に日本古来のものは・・

ジーンズってそんなに高価なもので染められているの?
と思いきや調べてみるとどうやらジーンズは化学的に作られたインディゴで染められているみたいです
むしろこちらの方が濃い色になるようで

履きこんだジーンズを藍染めしたらどんなふうになるんでしょうね?
近々一回やってみたいと思います

できあがったらまた写真をお見せしますね
お楽しみに

今回は擦り切れと穴のお直し
ジーンズリペア
これでまた穴が広がる心配もしばらくなく履きこんでいただけますね

穴は小さいうちの方がきれいに直ります
今回のように穴の部分とその周辺を補強する修理方法もありますが
横糸を残して修理する事もできます
それはまた次回

ジーンズのご相談はこの時期にもかかわらずご相談があるものなのですね
まだまだレベルアップの余地はありますが
擦り切れと穴、ファスナー修理に特化したお直しK
特化した分その方向への専門性は深く掘り下げております
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします

お気軽にご相談下さい

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@でお問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
宅配3000円から、6000円以上で返送料無料
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@で
お問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

洋服の擦り切れ、穴、
ファスナー修理「お直しK」

洋服の救急院が運営

洋服の救急院

029-828-5048

平日:10:00~18:30
定休日:水・木・日・祝日

お問い合わせ
宅配で依頼
Page Top