洋服の修理・お直し実績

引き手を残してファスナー交換

2017年02月01日

before

before

after

after

両開きファスナー(逆開オープン)の持ち手(引き手)の形状が気に入っているので
それを残したままファスナー交換したいというご希望でした

なんとか引き手をのこした形で修理する事ができました

今回もそうですが

両開きファスナーのトラブルは多いですが
下が開く事でその服のシルエットが保てるという部分では魅力的な僕も大好きなファスナータイプです

テープ部分が切れてしまったら基本的には交換するしかないのですが
それでももう少し、この冬だけは使いたいという方はファスナーの開閉時にちょっと注意してみて下さい
蝶棒の布が切れた
上の写真は差し込み部分の布がボロボロになっています
こうなってしまうと開閉しずらくなってきます
ファスナートラブル

で、結局こんなふうに左右がずれたりしちゃうんです
ファスナー開閉
両開き(ダブル)ファスナーの場合、右側の差し込みが完全に入っていないのに上のスライダーを引き上げてしまったために起こる場合が多いです
なのでしっかり下まで差し込んで、スライダーを引き上げるときには親指でしっかり一番下の状態に固定したまま右手で上のスライダーを引き上げます

差し込み部分の布が破れてしまっている場合はなかなか下まで差し込むのが難しいです
でも無理に差し込もうとすると余計にテープ(布)部分が裂けてきます

なので差し込む時には差し込み部分の上のほうのレールを持って避けた部分の負担がかからないように差し込みます
チャック
そして上のスライダーを引き上げるときもポイント
下のスライダーが動かないようにしっかり一番下に固定しながら上のスライダーを上げます
一緒に下のスライダーが上にきてしまったら失敗です

とにかく「固定する」がキーワードです
とにかくこの冬だけ!という応急処置です

あたたかくなったらクリーニングと一緒にファスナー交換しておきましょう
ファスナー交換は時期になるとお店によっては2ヶ月待ちになったりするところもありますから
計画的にクリーニングと一緒にすませておければ2度手間なしですね

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@でお問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
宅配3000円から、6000円以上で返送料無料
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@で
お問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

洋服の擦り切れ、穴、
ファスナー修理「お直しK」

洋服の救急院が運営

洋服の救急院

029-828-5048

平日:10:00~18:30
定休日:水・木・日・祝日

お問い合わせ
宅配で依頼
Page Top