洋服の修理・お直し実績

ジーンズの膝の穴の横糸を残してミシン修理

2017年03月04日

before

before

after

after

ジーンズの膝の穴は放っておくとどんどん広がって横にぱっくりってことにいずれはなるんです

このジーンズの膝の穴、通常のリペアでミシン修理するのもありですが
今回お客様のご要望で横糸を足して、それを残したままミシン修理することにしました。

通常のリペアより穴部分の強度はなくなりますが
周辺も色落ちに合わせた色の糸で補修しているので通常に履いて洗濯していただけるレベルにはなっています

アップでこんな感じです
横糸残し
横糸は贅沢に足してあります
ジーンズって擦り切れていく時にまず縦糸が切れていくんですよね
そして横糸が残る
この状態でいつまでもいつまでも維持してくれればいいんですけど
そうもいかずいつか横糸も切れてしまうんですよね

通常のリペアと横糸残しのリペア
お客様によってどちらがいいかは様々ですが
基本的には強度を意識した通常のリペアをおすすめはさせていただいています

でもこれもありですよね

ジーンズの膝の穴を修理する時は基本的にサイドのシームはほどかないんですが、穴が広い場合はほどいて修理させていただきます
その方がきれいに修理できるので、サイドはほどいてもきちんと縫い合わせれば
通常ほとんど分かりません

ジーンズの横糸は当店ではしろも糸を使用しています
しろも糸って?

しつけ糸です
洋裁で本番の縫いをする前にあらかじめ手縫いで仮縫いするための糸です
この糸がジーンズの横糸を修理するには一番いいかなぁと思っています
太さも、色は少し明るくなりますが、履いているうちにちょっと汚れてなじみますから

当店のジーンズリペアは別生地当てやステッチ入れやデザインリペアなどは行っておりません
ジーンズリペア、これはこれで奥が深い
オリジナリティーとなるとちょっと自身はありません(汗

だからお直しKでは
あくまで擦り切れや穴をそのままの状態で修理することを追求しています

通常のリペア
横糸残し
穴消し修理

主にこの3種類のリペア方法で修理させていただいています

もちろんお客様のほうからお写真や画像をお持ちいただいての
こんな風にして、っていうのはありかなぁと思ってさせていただいています

でも、お任せでデザインをってなるとごめんなさい

今日はジーンズの膝の穴を横糸残しでミシン修理できますよっていうご案内でした




革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@でお問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
宅配3000円から、6000円以上で返送料無料
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@で
お問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

洋服の擦り切れ、穴、
ファスナー修理「お直しK」

洋服の救急院が運営

洋服の救急院

029-828-5048

平日:10:00~18:30
定休日:水・木・日・祝日

お問い合わせ
宅配で依頼
Page Top