洋服の修理・お直し実績

デニムシャツの肘の擦り切れ補修

2017年11月18日

before

before

after

after

めっきり寒くなってきました。

衣替え、みなさん上手にできているでしょうか?
茨城県では大体の方はもう秋服で、すでに夜用に冬物を準備しないと寒すぎます

僕も朝の出勤には厚めのワークジャケットを着て出かけます
あと1ヶ月もしたらヒートテックオンジーンズですね

今日はお気に入りのデニムシャツのすり切れのお直しです
僕もそうですが、よっぽどのお金持ちでなければ服なんてしょっちゅう買っていられません
だから、ちょこちょこ買うんですけど、でも僕は必ず素材がいいもの、デザインが気に入ったブランドのものを
買うようにしているんです。

そうするとちょっと高い(ブランド価値がついて高すぎるものは買えません)
あくまで僕の価値観で素材と縫製に対して妥当だと思えるブランドのものを買います

そうするとまず飽きない、気に入る、そしてヘビーになる、結果としてすり切れる、穴が空く、破れるなどなど・・
だから毎年少し高くても流行に左右されない自分が好きな服を買ってお気に入りを増やして
1アイテムのヘビーローテを回避するようにしています

今回のデニムシャツのすり切れはジーンズのようにミシンで細かく補修しました。
穴の大きさよりも周辺の薄くなっているところまで範囲を広げて当て布をして補修したので今後も破れにくくなっていると思います

肘部分は細くてミシンが入りにくく、このままでは修理しずらかったので、巻き縫いになっている部分を一度ほどいてから作業しました。

巻き縫いとか折り伏せ縫いとか言われるこの部分、よくジーンズのインシームにも採用されていますが
ここを開くのは通常のステッチと違って少しばかり手間ですが、今回は生地も薄く範囲も広かったためほどきました

料金はお客様が思っていたよりも少しかかりましたが最終的にきれいに直ってる!
と大変喜んでいただけたので、やはり金額が少しかかっても仕上がり重視で提案させていただいてよかったです

急いでいらっしゃるお客様ほど仕上がり具合を気にされていないように感じますが
かといって安くパパッとやってしまうとあとでしっぺがえしを食らう事も・・

よーくお話を聞くようにしますので今後ともお直しKをよろしくお願いします

ジーンズのすり切れ、破れ補修、ファスナー交換修理、ジーンズのチェーンステッチ(ユニオンスペシャル43200)袖口のリブ交換が
ここ最近のお直しKでのお直しランキング上位になります

やっぱり世の中自分が得意で好きなものが集まるようになっていますね、笑

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@でお問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
宅配3000円から、6000円以上で返送料無料
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@で
お問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

洋服の擦り切れ、穴、
ファスナー修理「お直しK」

洋服の救急院が運営

洋服の救急院

029-828-5048

平日:10:00~18:30
定休日:水・木・日・祝日

お問い合わせ
宅配で依頼
Page Top