洋服の修理・お直し実績

ジーンズリペア

ジーンズの膝の穴の横糸を残してミシン修理

2017年03月04日

before

before

after

after

ジーンズの膝の穴は放っておくとどんどん広がって横にぱっくりってことにいずれはなるんです

このジーンズの膝の穴、通常のリペアでミシン修理するのもありですが
今回お客様のご要望で横糸を足して、それを残したままミシン修理することにしました。

通常のリペアより穴部分の強度はなくなりますが
周辺も色落ちに合わせた色の糸で補修しているので通常に履いて洗濯していただけるレベルにはなっています

アップでこんな感じです
横糸残し
横糸は贅沢に足してあります
ジーンズって擦り切れていく時にまず縦糸が切れていくんですよね
そして横糸が残る
この状態でいつまでもいつまでも維持してくれればいいんですけど
そうもいかずいつか横糸も切れてしまうんですよね

通常のリペアと横糸残しのリペア
お客様によってどちらがいいかは様々ですが
基本的には強度を意識した通常のリペアをおすすめはさせていただいています

でもこれもありですよね

ジーンズの膝の穴を修理する時は基本的にサイドのシームはほどかないんですが、穴が広い場合はほどいて修理させていただきます
その方がきれいに修理できるので、サイドはほどいてもきちんと縫い合わせれば
通常ほとんど分かりません

ジーンズの横糸は当店ではしろも糸を使用しています
しろも糸って?

しつけ糸です
洋裁で本番の縫いをする前にあらかじめ手縫いで仮縫いするための糸です
この糸がジーンズの横糸を修理するには一番いいかなぁと思っています
太さも、色は少し明るくなりますが、履いているうちにちょっと汚れてなじみますから

当店のジーンズリペアは別生地当てやステッチ入れやデザインリペアなどは行っておりません
ジーンズリペア、これはこれで奥が深い
オリジナリティーとなるとちょっと自身はありません(汗

だからお直しKでは
あくまで擦り切れや穴をそのままの状態で修理することを追求しています

通常のリペア
横糸残し
穴消し修理

主にこの3種類のリペア方法で修理させていただいています

もちろんお客様のほうからお写真や画像をお持ちいただいての
こんな風にして、っていうのはありかなぁと思ってさせていただいています

でも、お任せでデザインをってなるとごめんなさい

今日はジーンズの膝の穴を横糸残しでミシン修理できますよっていうご案内でした




ジーンズバックポケットの穴修理

2017年03月03日

before

before

after

after

リーバイス507のバックポケットの穴とポケット口の擦り切れを補修させていただきました

バックポケットをいったんほどいて穴を修理してからポケットを縫い付けます
ジーパンの穴
もともとのジーンズの色
きれいな藍色ですね
これが履きこんでいくうちに自分の体に合ったひげや色落ちが形成されていくのですから
これはまさに完全オリジナルなアート
先日ジーンズの染め直しについてお問い合わせいただきました
藍染はまだ本当に趣味として興味を持ち始めた程度ですので・・

僕も藍染には興味があったのですが
やはり藍染めの液は高価なもので、特に日本古来のものは・・

ジーンズってそんなに高価なもので染められているの?
と思いきや調べてみるとどうやらジーンズは化学的に作られたインディゴで染められているみたいです
むしろこちらの方が濃い色になるようで

履きこんだジーンズを藍染めしたらどんなふうになるんでしょうね?
近々一回やってみたいと思います

できあがったらまた写真をお見せしますね
お楽しみに

今回は擦り切れと穴のお直し
ジーンズリペア
これでまた穴が広がる心配もしばらくなく履きこんでいただけますね

穴は小さいうちの方がきれいに直ります
今回のように穴の部分とその周辺を補強する修理方法もありますが
横糸を残して修理する事もできます
それはまた次回

ジーンズのご相談はこの時期にもかかわらずご相談があるものなのですね
まだまだレベルアップの余地はありますが
擦り切れと穴、ファスナー修理に特化したお直しK
特化した分その方向への専門性は深く掘り下げております
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします

お気軽にご相談下さい

ジーンズリペアと消臭クリーニング

2017年02月28日

before

before

after

after

ヘビーオンスのジーンズ修理を承りました

膝の穴 ポケット口の擦り切れ バックポケット下のすりきれを補修させていただきました
やりがい度満点です

お直しKではジーンズの当て布はしなやかな生地をしようして履き心地にこだわっています
こちらの膝の穴は一見穴の部分のみの補修に見えますが、実はその周辺も細かくミシンでたたいて
生地を補強しています
ジーンズの膝穴

ジーパンリペア

基本的に横糸は切ることはなく、大事に使います
その上で足りない分はしろも糸で横糸を足しています
分厚い当て布は場合によっては使用する場合もありますが
基本的には横糸はしろもで作る方向で修理しています

擦り切れ
バックポケット下の擦り切れは一度ポケットを外させていただき、周辺もミシンで補強いたします
ジーンズお尻の穴
穴を補修したあとこのようにできるだけ近い色の糸でポケットをステッチし直します

今回のジーンズ、臭いが気になるとのことで、クリーニングを一緒にご依頼いただきました
できるだけ洗いたくないジーンズ
僕のジーンズも洗うのは年に5、6回くらいだと思います

でもジーンズは洗わないと糸も弱ってくるし、臭いも気になります
ただ、水で洗うのは怖いですよね

お直しKの受付は茨城県土浦市のかざまクリーニングです
ジーンズのクリーニングはまずはドライクリーニングです
縮みなく、油脂などの汚れをしっかり取るにはこれが一番だと思っています

次にプロのジーンズ水洗い
防縮剤、色止め剤を配合して、短時間で汚れを溶解してくれる洗剤で手洗いします

でもやはり少しは色が流れます

これで油性の汚れ、水溶性の汚れどちらも落とす事ができてすっきりします
ジーンズの糸にも張りが出ます

洗わないとジーンズ全体が黄ばみがかってきますから、そうなると漂白が必要に
でもジーンズは漂白なんてしたくないですもんね

大切なジーパンは汚れや臭いが気になったらクリーニングすることは
個人的にジーンズ好きな僕としておすすめします

もちろん水洗い前にはウエスト、わたり、裾幅、股下の4箇所を採寸し
洗浄後にも採寸しています
少し丈が縮んだなぁと思ったらアイロンで戻しています
丈は履いていても戻りませんから

ウエストやわたりに関してはやはり糸が締まる分最初はちょっときつく感じるかもしれませんが
履いているうちにまた自分の形になっていいます
履いているうちに自分の形になっていくのもまたジーンズの良いところですよね

ジーパンの擦り切れや穴などジーンズリペアのご相談もまた店頭にて増えてきております
一度ご来店いただいた方にまた来ていただけるとほっとします

ジーンズ修理は僕なりに色々と研究し、他店さんからヒントをいただいたりもして、笑
お直しKのジーンズリペアはこうだ!ってものが出来上がってきました

今後も少しづつ変わっていくとは思いますが
今後ともどうぞよろしくお願いします

シュガーケーンのジーンズ内股の破れ修理

2017年02月24日

before

before

after

after

シュガーケーンのジーンズのフロントの股部分に大きな穴が・・
横糸を作り色落ち具合に合った色の糸でミシン修理させていただきました

股下をいったんほどかせていただき穴ふさぎ修理後元のようにステッチし直しました

最近当て布になる接着芯にこだわっており、色々と新しい接着芯を試しています
もっとしなやかで強度がある接着芯はないかと・・

洗濯後にぶくつきも少なくなるようなもの

場合によっては接着芯でなくてもよいのかも・・
と色々研究中です

お直しKのジーンズ修理もちょっとづつ変わっていきます

ジーンズ修理、けっこうはまる人も多いみたいですね
自分で家庭用のミシンで修理されるかたもいらっしゃるようで

工業用ミシンとの違い、それは縫う力もそうですけど
直線を色落ちに沿ってまっすぐ縫うという点においてはスピードが速い工業用ミシンのほうが得意

やっぱり小さな穴でもちょっと大きめに補修しておかないと修理した部分に負担がかかりすぎるみたいです
なのでジーンズの修理はお店に持っていってしまったほうが早いですし時間を人件費と考えるとお金もかかりませんよ、笑

本家かざまクリーニングでは染み抜き、靴ブーツ、ファスナー修理、ジーンズなど色々な修理をっせていただいていますが
このジーンズ修理もこれからお直しKとしてファスナー交換修理と同じくらい充実させていきたいサービスです

なのでこれからももっときれいに、を意識して研究していきますのでよろしくお願いします

これからもここ茨城県でほのぼのと頑張ってきます

ジージャンのタックボタンが取れそう・・補強しましょうそうしましょう

2017年02月12日

before

before

after

after

茨城県の店舗にお持込いただいたお品物です

リーバイスのジージャンのボタンが付いている箇所が破れ、タックボタンが取れそうになってしまいました

ボタンは一応変わってしまう可能性がありますが、お色とサイズは合わせますということでお受けさせていただきましたが
なんとかきれいに取り外す事に成功したのでオリジナルをそのまま取り付けることができました

破れたところは一度しっかりとミシンで補修してからボタンを取り付けました

タックボタンは色々と種類もあり現在全てを在庫するのは難しいですが、ご依頼のたびに取り揃えていますので
少しづつ増えています
ご相談下さい

茨城県でジーンズ修理といったらお直しKというイメージが浸透するまで今日も頑張って参ります!


 

シュガーケーンのジーンズ穴修理

2017年02月12日

before

before

after

after

ご縁があって埼玉県の方よりお送りいただいたジーンズ
今回は埼玉県の知り合いのご紹介でお仕事いただきました

シュガーケーンのジーンズ、お尻の薄くなった部分の補強修理と
ポケットの穴、ポケット口の修理をさせていただきました

リベットは今回再利用することができました
まずは再利用する方向で頑張りますが、再利用できない場合はごめんなさい・・

ジーンズ修理
ステッチもけっこう色が揃ってきたので今回も近似色にてステッチ
今回あまり固くならないように穴のところはリペアが目立っても完全に埋め尽くすほどのミシン刺しは避けました

まだまだこれから勉強しないといけない事もございますが
大切なジーンズ 丁寧に頑張って修理させていただきますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします

到着までお楽しみにお待ち下さいませ!
ジーンズリペア

リーバイス503ジーンズ膝穴の修理

2017年02月11日

before

before

after

after

リーバイス503の膝の穴を修理いたしました

膝穴の当て布には柔らかくて強度がある素材を使用しています
一番人気の普通リペアです

ジーンズの破れはぜひご相談下さい
現在最低1週間はお預かりになりますがよろしくお願いいたします

複雑な修理はもう少しかかりますのでご相談下さい

土浦の協同病院がとうとう壊されるって
昨日流山の友人から聞いて初めて知りました
今度壊しに行くから飯食いに寄るよ~って
うちは飯屋じゃないから、笑

同じ日に生まれた兄弟みたいなのが
ちょっと帰って来るってのは嬉しいようなめんどくさいような、笑

バンド組んでも毎回朝から酒入っててバンドになんねぇ~
ていう思い出が蘇るから、笑

まぁでも奴に会っていると違う人生を歩んでる俺を見てるよう
北海道から原チャで帰ってくるようなところは俺と寸分違わないし

でも優しいんだよなぁ~バカだけど
そこが俺と違うところ

熱いんだよなぁ~バカだけど

ジーパンに穴があいたら修理しよう

2017年02月09日

before

before

after

after

ジーパンに穴があいたら修理しよう!
ってことで今回もジーンズの股に小さくあいてしまった穴をミシンで刺して直しました

ジーンズの股の穴は一番できやすい穴
とにかく擦れる部分だから穴があく

穴があいてしまったらそこからは生地がどんどん擦れてなくなっていきます
ジーパンの股の穴はそうなる前のほうがきれいに直ります

今日茨城は朝から雨の予報になっているけど大丈夫だろうか?
朝のうち友人の車の塗装手伝う事になっていて
雨が降るまえにやっちゃおうって・・
よく考えたら塗装してから雨降ったらまずいよね~

サーフェイサー吹き付けるところまでは前回やってあるから
今日は研磨だけして終わりにしよう、寒いし、仕事あるし・・

 

 

 

501XXジーパン股穴擦り切れ修理

2017年02月07日

before

before

after

after

ジーパン修理 501XXの股穴の擦り切れお直しです

僕もけっこうジーパンはパツパツで履く方なので
股の下の擦り切れはどうしても起こります

穴が小さいうちの方がきれいに直りますのでメンテナンスを面倒がらずに
修理に出して下さいね

僕のもそうですがインサイドのシームを縫い合わせているステッチも
当然ほつれてきます

今回こちらは簡単にミシンでたたいて補強しておきました
あくまで補強なので、次にすり切れた時に解きやすいように軽めにミシン刺ししておきました

もっと穴やすり切れがひどくなると、一度インサイドシームを解いてからしっかり生地を補修して
ステッチで縫い合わせるという方法になります

基本的に股の穴はシームなどを解かずに修理できますが
広範囲の膝の穴や、細身のシルエットの場合アウトシームを解く場合があります

ジーパンのインサイドシームは基本的にはロックミシンがしてあって折り伏せ縫いで
チェーンステッチになっていますのでほどく事はめったにありません

擦り切れがシームまで達している場合にはやむなく解いてから修理する場合がありますが
その際のステッチはチェーンステッチで、というわけにはいきません

僕的にはそこまでするメリットが感じられないためと
チェーンは伸びに強いわりに擦り切れたらすぐに解けやすいからです

裾ならばチェーンステッチしても、丈が合っていればそうそう擦り切れることはありませんが
股はいずれ必ずまた修理する日が来ますから、ここは通常のステッチで良いと考えています

茨城県で擦り切れのジーンズリペアと言ったら少しは名が通るような職人を目指して
楽しみながらジーンズと向き合っていきたいと思います

当店には色々なミシンが8台ありますが、最近愛機のミシンが定着してきて
1台でほぼ色々なものをこなすようになってきました

バッグもジーンズも革ジャンも、愛機の1台メインで稼動しています

上下送りの平台ミシンやかんぬきミシンなんかも揃えようと思っていた時もあったんですが
今となっては入れなくてよかったかなぁと

かんぬき専用のアタッチメントなんかも出てきていますし、なにしろ場所にもお金がかかりますから・・
最低限クラッチモーターからサーボモーターに変えてもらっておいたことは大正解でした

愛機のミシンは中古ですが、きちんとメンテナンスしてもらったものなので
この先きっと僕が死ぬまで働いてくれる事でしょう
そもそも工業用ミシンはそんなふうに作られていますから

この茨城でジーパン専用に工業用ミシンを新品で買ってしまったら
絶対元が取れません・・
取れたとしても何年かかるやら・・僕の腕次第っていう、笑
そこは一人でも経営者、笑

これからジーパン修理など始められる方はまずは中古のミシン屋さんに相談するといいと思います
ほんと、中古といえどしっかりメンテナンスされたミシンは何十年前のものでもほぼ新品と変わりませんから
それはミシン屋さんも言っています

ほんと地方で生きていくためにはこういう業界では流れない情報が必要だと感じています
世の中自分にとって本当に良いことはなかなか言ってくれませんから
そういう情報はやっぱり自分の足と耳でたくさん仕入れて自分で分析して判断して
小さい失敗ならたくさんして、致命的な失敗は避けて・・

ジーパンの擦り切れ修理といえど、それなりに色々な意味で奥が深い

ちなみに致命的な失敗をしても大丈夫なんですけどね
でも致命的な失敗をするなら人生で早いうちの方がいい
致命的になる可能性があるリスクをとっていいのは若いうちだけなのかもしれませんね~

茨城県でジーパンのチェーンステッチ

2017年02月07日

before

before

after

after

ストロングホールドジーパンの丈詰め修理
チェーンステッチで丈詰めしました

実はこのチェーンステッチミシン、高価な割りに需要がそこそこで導入も迷ったんですよね
でも1年前に思い切って導入しました
僕自身ジーンズファンなので仕方ないです、笑

今まではつくば市の方が多かったのが、最近では水戸市やひたちなか市、石岡市のほうからもご来店いただくようになり
皆さんチェーンステッチで丈詰めしてほしい、と・・
そこそこ活躍してくれているのでまぁ良かったかなぁと
なんせ自分のジーパンの裾がほつれた時にチェーンステッチでまた縫いなおせるし

お直しKでのジーンズ丈詰めは基本的に20番糸です(30番よりやや太め)
そして糸の色は今のところ下の写真くらいかなぁ
チェーンステッチ
お客様から丈詰めのご依頼をお受けするたびに糸の数を増やしてきたので
今ではそこそこ対応できると思います

近い色がない場合は発注しますので、少しお時間下さい

ジーパンのポケット口が擦り切れた!補修お直し

2017年01月19日

before

before

after

after

ジーパンのポケット口が擦り切れてしまったのでミシンで補修しました

ジーパンのポケット口は手を突っ込む頻度、高いですね
僕は寒くなくてもけっこうやってしまいます、笑

ジーパンの修理は込み合っていなければ1週間~
ひどくならないうちの方がきれいに直ります

お気に入りのジーパン、普段なかなか預けずらいですが
思い切って一回入院させましょう

僕は気に入っているジーパン、けっこう増やしました
最初は色落ちもしていないし、なんだかなぁ~ちょっと恥ずかしいなぁって思っていたけど
やっぱり履いているうちにどんどん愛着がわいて来るもんです

そして気づくとお気に入りのジーンズは2着3着と増えてきて
補修する頻度も少なくなってきます
できればジーパンは最低3本くらいは常に履けるのを持っていたいですね

ジーパンの擦り切れのお直しは茨城県ではつくば市からのご来店が多く、龍ヶ崎市や水戸市など
近隣の街からも車でご来店いただいたりします

お直しKではわざわざご来店いただくお客様のために、預けるときはご来店されて
出来上がったら宅配便でご返送するというサービスも行っています
これがけっこう好評です

お直しKは茨城県土浦市のかざまクリーニングのお直しブランドです
なので合計で6000円以上(税別)ご利用いただければ(2017年現在)返送料金は無料にさせていただいています

靴クリーニング、靴修理、バッグクリーニング、洋服の染み抜き修復など
かざまクリーニングの全てのサービスを一緒にご返送させていただきます

行くのはいいけど取りに行くのが面倒だし、この次またいつまた土浦までいけるかわからないという方は
ぜひお困りのお品物を一緒にお持ちになりご相談下さいませ

ジーンズの股の穴をミシンで補修

2017年01月16日

before

before

after

after

ジーパンの股の穴と擦り切れの補修です

縫い合わせ付近にも小さな穴がありますが、これくらいならばステッチは解かずにお直しします

ジーンズの穴補修は糸の色が結構重要で、その糸選びにけっこう時間を割いたりします
ただ僕はもともと洋服の染み抜きの技術で色修復というものがあるのですが
その技術がけっこう応用できたりします

洋服の色が抜けている部分に足りない色を筆で差すのが色修復なんですが
ジーンズの擦り切れなどを補修するにも、そこにどんな色の糸が入れば周辺になじみやすいか
と考えるので、共通する部分はありますね

あとは糸の番手、当て布の種類、縫い幅などは補修する箇所によって変えたりしています

僕もとうとう40歳になり、やはり確信したのはジーパンはいくつになっても履ける!
どんなトップスにも靴にも合わせやすい
冠婚葬祭以外どんな時でも履ける
少しぐらい汚れてもいい
破れも擦り切れも味になる

ジーパンてどこをとってもメリットだらけのアイテム

でもここ最近若い方のジーパン離れもあるようで・・
本当にいいジーパン履いた事ないからなのかなぁ
一回いいジーパン買って履きこんだら絶対一生ジーンズに取り付かれてしまうのに・・・

なんて思ったりもしています

こんなこと言ってる僕は夏場はジーンズは履かないですからね、笑
コレクションの短パンを楽しむのが毎夏の楽しみなので

まぁ皆さんそれぞれ色々な楽しみ方をすればいいですよね

ジーパンのポケット口の擦り切れとダブルクリーニングのおすすめ

2017年01月16日

before

before

after

after

ジーパンのポケット口の擦り切れ補修です

この部分のお直しは擦り切れの幅が広くなるとリベットを外さなければいけない場合も出てきますが
今回はリベットを外さずお直しできました

リベットは基本的に再利用ではなく新しいものを使用しております

ポケット口の擦り切れ補修はお直しの際に伸びやすいので、できるだけ寄せ気味にしてお直しさせていただきました

ステッチは多数色をそろえてありますので近い色でステッチできるかと思います

ジーンズは自分の形、色落ちになってくると、どうしても新しいものを買って履きこんでいく気になかなかなれませんが
思い切って新しいものを購入してまた履き込んで行く事でローテーションが増えますね

その間に擦り切れた箇所や穴が開いてしまった箇所をお直し補修
いったんお直しに出してしまえばしばらく新しいジーンズを履くしかないのであきらめもつきます、笑

あと、ジーンズは長持ちさせるためにはやっぱりたまには洗って下さいね

クリーニング店でのドライクリーニングは水を使わない洗濯方法なので色落ちはほとんどありませんし
付着した油脂や油汚れを取るにはこの方法が一番安全で確実です

でも汗の成分はドライクリーニングでは抜けませんから
水洗いするのが望ましいのですが、できるだけ色落ちさせたくない

お困りのときは当店でジーンズのダブル洗い(ドライ+水)もお受けしております
水洗いは色止めしながら手洗いするので、一般的に家庭で洗濯するより色落ちしにくいです

ジーンズの臭いなんかも雑菌が繁殖した臭いがほとんどですから
そういった意味でもジーパンをダブルクリーニングするというものメンテナンスのひとつと考えておくと良いと思います

僕は5本ローテーションでジーンズをまわして2ヶ月に1回くらい洗います

どうぞご参考までに!

 

ジーンズの股下の穴補修と擦り切れ補強

2017年01月15日

before

before

after

after

ジーパンの股下の穴とヒゲが擦り切れかけていましたので
裏から柔らかいあて布をし、ミシンで補修しました

ジーンズの擦り切れは完全に破れるまえに補修するのが良いです
1箇所穴が開いているという事は、着用時にこすれるほかの3箇所の部分も生地がかなり薄くなっています
だから今の時点で補強してしまった方が良いです

ミシンで修理

ジーンズリペア

細かくミシンで補強

穴が広がらないうちに補修してしまった方が
穴が開いてからよりもきれいに補強できますしこの時点ならお直しもそう大変ではありません

実は僕のお気に入りのフラッドヘッド
4年履いていますが、接着剤とか染料とかでもう汚いけど
色落ち具合は僕が持っているジーンズの中で一番気に入っています
自分の体に合った色落ちの仕方
フラッドヘッド

ジーパンの後ろ

でもそろそろ修理しないと
ユニバーサルファスナーがロックしなくなって座るたびに開いてしまうし
股下の穴も気になる
それと裾のほつれも・・

シミに関しては職業柄もうあきらめています
でも、このジーパンこれからが一番いい時だと思うので早くお直ししたいんですが・・

とにかく今はお客様のお品物優先なので別のドゥニーム2本とハリウッドランチマーケッド
でやりくりするとして

でもフラッドヘッドの前にリーバイス502が膝の穴の補修で入院中でして・・
業界閑散期の来月には絶対直すぞ~

と思いつつも何気に忙しい・・って言い訳か

3月後半からは僕毎年短パンを楽しむことにしているので
僕のジーパンシーズンもそろそろ終盤です

ジーンズ裾野擦り切れリペア

2016年11月30日

before

before

after

after

ジーパンの裾のお直し、ここまで擦り切れているとジーパン自体が長いと言えば長い
お客様のご要望で少しカットしてほしいとのことでした。

仰せのとおりに少しだけカットし、それでもすり切れが残る部分は補修してからステッチしました

ジーパンの裾のあたりは無理に付けなくても履いたり洗ったりしているうちにまた出てくるでしょう

ジーパンは洗わないほうがいい?

ところで皆さんジーパンは洗わない方がいいって思っていませんか?
確かに色落ちとか気になります
でも実はこれ生地には良くないです

ジーパンをはいていれば必ず汚れますよね
汗汚れ、皮脂汚れ、外部からの汚れ、いろんな汚れがつきます
この汚れは曲者で、時間が経過するに釣れ酸化していきます

酸化するという事は生地がどんどん弱っていくということ
だから普段は色止めにお酢やクエン酸を溶かした水にさっと通してから
中性洗剤で軽く手洗いしてあげるのが僕の普段のジーパンの洗い方

大好きなジーンズの色落ちは気になります
できるだけ長く良い状態で履きたいです
でも、悪臭を放ち、汚いままで履いてたらせっかくのジーンズも生きないなぁ僕は思う

 

 

ジーパンの擦り切れ修理

2016年11月18日

before

before

after

after

ホームページを開設して初めての投稿になります
お直しKは茨城県土浦市にあるかざまクリーニングが運営しています

擦り切れお直し、ファスナー交換に特化したお直しサービス
お直しKとしてブランド化いたしました。

よろしくお願いします

今日は少し長いジーパンが擦り切れてしまったためリペアしました

今回ジーパンの裾をできるだけ切らないで修理したいということで、一度裾を解いてから
ミシンでたたいてから戻しました

ストレッチジーンズなどの伸びやすいものはこのタタキという方法は向きません、伸びてしまいます

ミシンでたたくとたたいたところが硬くなってしまうので、あまり硬くならないように工夫してあります

毎年10月ごろになるとジーパンのお直しは一気に増えてきます
通常1週間でお渡しできますが、この時期は状況によってお時間をいただく場合があります

ジーンズリペアはできるだけ早めにお持ちいただくことをおすすめします

お直しKはかざまクリーニングのお直しブランドであって、実は洋服のクリーニングから靴の修理まで
すべて自店で作業しているんです

共通するのは繁忙期が同じだということ、こちら側にしたらとても恐ろしいことなのです、笑

クリーニングが忙しくなりだすと、ジーンズリペアのお直しや、セーターに穴が開いているなどのご相談
靴にカビが生えたなどの靴クリーニングのご相談など、一気に店内はお困りの衣類が集まります

納期もあり、今処理をしてあげないと手遅れになるような重症の衣類なども優先的に作業しなければならず
まさに猫の手も借りたいくらいの忙しさです

でも、皆さん寒くなってこないことには冬物の衣類のことなんて考えたくないですよね
夏を目いっぱい満喫して、秋を感じて、そして寒さを肌で感じるようになって初めて冬物を押入れから出すんです、笑
仕方ないことなんです。毎年この繰り返しです、笑

なんて今年は僕のお気に入りのウール100%のセーターに虫食い穴が開いていました(泣)
自分で自分の服の穴をリペアすることになるとは・・

皆さんも大事なお洋服に穴をあけられないようにきちんとクリーニングに出して
水溶性の汚れが残っていれば水洗いクリーニングをして虫が寄ってこない状態でしまいましょうね

 

 

 

 

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@でお問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

革ジャン・MA1ご相談 ヴィンテージ風ファスナーで交換OK
宅配3000円から、6000円以上で返送料無料
LINE@で簡単お問い合わせ

画像の枚数が多い場合はLINE@で
お問い合わせください。


只今お問い合わせを停止しております
詳しくはお知らせをご覧下さい

洋服の擦り切れ、穴、
ファスナー修理「お直しK」

洋服の救急院が運営

洋服の救急院

029-828-5048

平日:10:00~18:30
定休日:水・木・日・祝日

お問い合わせ
宅配で依頼
Page Top